馬豚羊のプラセンタの違い

プラセンタの成分は馬豚羊のどれが一番良いのか

:「ミツル、この前プラセンタにはがあるって聞いたんやけどほんまか?」
:「姐さんすごいですね!勉強されたんですか?」
:「まさか!勉強なんかするわけないやん!ちゃんと違いを教えて!」

 

馬・豚・羊のプラセンタの違い

 

成分の違い

 

良く、馬のプラセンタは豚の200倍のアミノ酸を含んでいると書いているホームページを見かけますが、あれはウソです。
200倍も差はありません。
馬のプラセンタを作っている会社がきちんと説明しています。

 

ただ、馬のプラセンタには含まれているけれど、豚のプラセンタには含まれていないという成分は、確かにあります。
アミノ酸とひとくちに言ってもその種類は膨大で、馬のプラセンタには、豚にはない4つのアミノ酸が含まれているのです。

 

なので、確かに栄養的にどちらが優れているかというと馬となります。
しかし、この違いを飲んで見極められる方などいないでしょう。

 

伝染病の違い

 

馬・豚・羊の3種類の中で、伝染病にかかりにくいと言われているのが馬です。
馬の肉は生食できますね。馬刺しという料理があります。
しかし、豚の刺身や、羊の刺身はありません。
生で食べるとニオイがきついなどの理由もあるかもしれませんが、一番の理由は、生で食べることが出来ないからです。

 

火を通した肉でないと豚も羊も食べられません。
ウイルス感染の恐れがあるからです。

 

ただ、ではサプリメントの安全性を考えたときに何か違いがあるのかというと、違いは無いでしょう。サプリメントにする前に、もちろん万全の態勢を期して、感染した胎盤を使わないようにしています。また、感染自体、そんなに頻繁に起こることではありません。

 

病院で使われるプラセンタの原料はヒトか豚です。馬が使われることはほとんどありません。

 

 

消化方法の違い

 

羊は、反芻動物の仲間です。反芻動物とは、一度飲み込んだ食べ物を再び口の中に戻して咀嚼する動物の事を言います。
厚生労働省から、反芻動物の胎盤を使用してはいけないという通達が、2001年に出されました。

 

なので、羊プラセンタの原料は、海外で飼育されている羊です。
それを輸入して日本でサプリメントにしているのです。

 

なぜ、日本では、羊の胎盤の利用が禁止されているのか、それは、BSEの感染の可能性があるからです。
さきほど、海外で飼育されている羊を輸入していると書きましたが、使用できる羊は、BSEに感染したことがない国の羊です。

 

しかし、これらの国の羊が今後もBSEに感染する可能性がないとは言えないのです。

 

あえて羊のプラセンタを選ぶ理由はないでしょう。


結局馬のプラセンタが一番

以上の理由から考えると、馬と豚の二択になりますが、確かに原料として高級なのは馬ですが、選択する際にはその価格や含まれているプラセンタ原末の量を重視すべきです。

 

:「なるほど、ひと口にプラセンタって言ってもいろいろあるんやな。」
:「そうなんです。後は体質に合う、合わないもあります。」
:「ふーん、まあ、何が自分に合うかは、飲んでみんとわからんからなあ。」

 


プラセンタサプリメントランキング

プラセンタサプリ フワリ


  • 1日分に360mgと一番たくさんのプラセンタが入っている
  • 初回980円と破格の安さ
  • コラーゲンも無料でもらえる
  • アスタキサンチンもヒアルロン酸もエラスチンも配合されてる総合美容サプリ





TP200next


  • 馬プラセンタサプリなのに破格の安さ
  • 1粒に200mgと申し分ないプラセンタの量
  • へその緒(さい帯エキス)配合

こちらのメーカーは、これまであまり有名ではありませんでしたが、良心的に頑張っているなという印象を与える会社です。
サプリの成分表もしっかりホームページ上で出しているし、自信を持っておすすめできるプラセンタです。




母の滴プラセンタEX


  • キルギス産の馬プラセンタを使用している
  • 1粒に250mgのプラセンタがたっぷり
  • 定期購入しなくてもOK!

フワリもTp200nextも試してみて、今ひとつしっくりこなかった方には、こちらの母の滴プラセンタEXをおすすめします。
こちらのプラセンタも、成分表を明示していて、安心できるメーカーです。



関連ページ

プラセンタドリンクとサプリの違い
プラセンタを取るには、ドリンクかサプリメントがあります。どちらにも、良い点と悪い点があります。 どちらが良いか、しっかり見ていきましょう。
臭くないプラセンタサプリは存在しないのか
プラセンタの効果は知ってるけど、臭いのが嫌な方、有名なプラセンタサプリしか飲んだことがないのではないでしょうか?確かに、においが気になる商品もありますね。でも最近のメーカーはとても努力しています。臭くないサプリもありますよ。